PC日記2

PC好きによるPC好きのためのPC日記

新社会人エンジニアに贈るたった一つのアドバイス

新社会人の皆様、ご就職おめでとうございます!

 

このブログは一日の平均アクセス数が1桁と言う底辺ブログです。

もしかしたら新社会人の方は見てくれないかもしれない懸念はありますが、気にせず、人生の先輩としてシンプルにたった1つのアドバイスをしたいと思います。

 

自分自信がITエンジニアと言う理由から、このアドバイスは新社会人エンジニアの方が対象です。しかしエンジニアで無い方も読んでみて損はないですよ(笑)

 

ではたった1つのアドバイスを。

あなたの社会人(エンジニア)としての価値は年齢と共に低下していきます。そうならないように考えて行動しなければなりません。

以上。これだけです。

これを心に留めておけば大丈夫。食いっ逸れはないでしょう。

 

それでは!

 

と終わりたいところですが、ちょっと補足します。

こいつ何言ってるんだ?と言う方がほとんどでしょう。

これから会社でバリバリ技術を覚えていき、活躍して経験積んで、いつかは起業しようなんて夢を抱いているこのオレ様の価値が下がる訳ないだろうと。

 

苦労して覚えた技術はどんどん古くなります。

古くなるといけないから、技術を常にアップデートし続けなければなりません。

しかし技術はある日突然無くなってしまう懸念があります。

無くならなくとも、その技術があなたの会社で利益を生む事ができず、撤退してしまう恐れがあります。

 

こうなった場合転職するしか生きる道がないかもしれません。

仕事がなくなれば、転職しつづければいいやと思っていても、残念ながら人は老います。

老いた人間と若い人間なら企業はどちらを選ぶか。判断は難しくないですよね。

転職しようにもあなたに特別なスキルが無い限り、若くて給料の安い人を選びます。

 

大事なことなので、もう一度書きます。

「人は老います。」

あなたの価値は年齢と共に下がります。

将来の老いを想像するのはとても難しいですが、小学生の頃の自分と今の自分を比べて見てください。体力的にできなくなっていることがあればそれが老いです。

社会人になって10年後20年後の老いを如何に想像するか。今できることができなくなる日が必ずくるのです。

 

一番恐ろしいのは、体力には問題なくても精神力が弱くなって、できていたことができなくなってしまうことです。

老いてもあなたを必要としてくれる企業が無くならないよう、価値あるスキルを身につけましょう。

 

若い頃は手を差し伸べてくれる人はたくさんいます。

しかし老いると助けてくれる人はすごく少なくなります。

 

このような危機感を持って考え行動すれば、老いても何があっても人生うまく渡っていけるでしょう。