PC日記2

PC好きによるPC好きのためのPC日記

在宅勤務(リモートワーク)をする上でこれだけは絶対やっておけと言いたい1つのこと

最近はインターネットの普及と、離れたオフィスと作業場を結ぶソフトウェアも充実しきたこともあり、在宅勤務(リモートワーク)を行っている人のブログなどの記事をチラホラ目にするようになりました。

 

自分も在宅勤務の経験が数年あり、その中で一番大切なかつ重要なことを紹介したいと思います。

 

自己管理だとかコミュニケーション云々などは、在宅勤務する上で当たり前のことだし、それについての言及は他でも散々語られているため、ここでは省略します。

 

在宅勤務する上で必ずやらなければならないことは、

「バックアップのPCを必ず確保しておくこと」

です。

バックアップのPCとは、業務ができるメインPCに対して代わりとなるPCです。

当然業務のデータも随時バックアップしておく必要があります。

 

f:id:pcnikki:20141208225827p:plain

 バックアップPCの確保ができない方は在宅勤務はやらないほうがいいでしょう。

これが無い場合、業務するメインPCが故障した場合、作業の継続はどうしますか?

「PCが故障したため、今日は仕事できません」

と言いますか?

この言い訳が通るほどぬるい業務ならばいいのですが。

 

代替のPCを確保しておいても、作業環境を準備していない場合はどうでしょう?

使用するアプリケーションソフトや開発ソフトなどのセットアップができていないと、最悪そのインストールやらデータのコピーなどの業務可能な状態を作る準備作業だけでも半日〜1日ほどかかってしまうでしょう。

 

会社勤務であればPCが故障した場合は代替のPCの提供をすぐ受けると思いますし、同僚がカバーしてくれたりと色々対策はあると思いますが、いざ在宅で作業をしているとPCなどのトラブルはすべて自分で解決しなければなりません。

 

以上のことを考慮してPCが故障した場合のことを想定して、予め上司に相談しておくなど準備しておくことをお勧めします。

 

クワウドワークスなど、業務請け負う場合は絶対バックアップPCを用意しておきましょう。

バックアップはエンジニアの嗜みです。

バックアップはデータだけやれば言い訳ではありません。